検索順位チェックツール「BULL」検索順位チェック「BULL」

検索順位を上げるには?必要な対策と必須ツールについて

上位表示に必要な対策とは“テーマの際立たせ”

検索順位を上げたい…とお悩みではありませんか?
検索順位を上げるためには「SEO対策」といった検索エンジンにページを最適化させる必要があり、内部の見直しはもちろん、最近では検索ユーザーの求める内容を深掘りしたコンテンツが重要度を増しています。

そして、検索順位を上げるには、サイトに施した対策が良かったのか?それとも逆効果だったのかを検証する必要があり、その結果を元にさらなるコンテンツの改善を繰り返すことがポイントとなります。

そのため、ツールなどを活用した日々の順位チェックが当然必須となり、Googleの検索エンジンの変動にも気を配り、適宜対応する必要があります。

そこで、この記事では検索順位を上げる方法について、具体的な対策方法や手順などを詳しくご説明していきたいと思います。

対策キーワードをチェックする

そもそもどのキーワードで上位表示させたいのか?はじめに“対策キーワード”を選びますよね?
そして、ユーザーがそのキーワードを検索して何を調べたいのか?何を解決したいのかを調査して、それを役に立つ情報としてコンテンツ化する必要があります。

このユーザーが求めるものとコンテンツの内容に乖離があれば、検索クエリに対して適切な“答え”ではないとGoogleに判断されてしまい、正しく評価されることもなく上位表示させることができないといった状態となってしまいます。

そのため、狙ったキーワードで上位表示させるためには、実際の検索結果に表示されているコンテンツの傾向をしっかりと読み取り、当然コピーや単純なリライトだけではダメで、ご自身なりのオリジナルコンテンツを表現する必要があるわけです。

キーワード調査について

そのはじめとなるキーワード選定については、もちろん単ワードなどのビッグキーワードだと検索ボリュームも大きくなり、競合も強く・多く、上位表示させることがかなり難しくなってきます。
そのため、新たに記事を作成する際は実際に検索してみて、どういった競合が上位に表示されているのかを一度調べてみると良いでしょう。

もちろん、後々サイトの力が付いてきたらぜひボリュームの大きい“ビッグキーワード”と呼ばれるワードにも挑戦したいところですが、最初のうちは少しずつサイトにトラフィックを流入させることに注力するためにも、複合キーワードなど比較的検索ボリュームの少ないキーワードを選んで対策することをおすすめします。

つまり、なかなか上位できないとお悩みの場合、いきなり強いキーワードで挑戦している可能性もあり、アクセスを少しでも伸ばすためには、しっかりと競合やキーワードの調査も行う必要があるわけです。

複数のページで上位を狙う

とは言え、しっかりと検索意図を満たした質の高いコンテンツであれば、今は検索順位が付いていない記事であっても決して無駄ではなく、関連するコンテンツ群が存在するサイトは専門性も高く評価されるため、ひとつの記事であまりにも網羅するのではなく、ピンポイントで深掘りしたコンテンツを別々で作り込むことが重要となります。(1記事だけで上位を狙うこと自体無理な場合があるという意味です。)

さらに、そういった個別記事それぞれが上位表示されていればなお評価されやすい傾向にありますので、競合の強いキーワードで上位表示させるためには1ページだけに情報を詰め込むのではなく、キーワードと検索ニーズを照らし合わせて、別記事にした方が良いのかどうかを見極めて関連コンテンツを内部リンクで構築していくと良いでしょう。

このように、少しずつ検索ボリュームの大きな強いキーワードを対策するといった、段階を踏んだ上位表示への計画も大切な考え方となります。

では、以下は現状の順位を上げることを前提に上位表示させるための方法についてご説明していきたいと思います。

内部・外部の対策を見直す

SEO対策はご存知の通り大きく分けて外部と内部を対策します。
そして、外部対策とは文字通り外部のサイトから設置される“被リンク”のことを指し、内部対策はご自身でも制御することができるので、最低限しっかりとチェックしておきましょう。

基本の内部対策はチェックしておく

では、まず内部対策について簡単にご説明していきます。

内部対策の重要項目とは…

  • ページタイトル・見出しなどにキーワードを入れる
  • 必要ないページには“noindex”タグを記述
  • 重複などあれば記事の統合や“canonicalタグで解決
  • ドメインの正規化
  • 関連するコンテンツを内部リンクで構築する
  • 見出しや強調などを適切なタグを使ってユーザー・検索エンジンにわかりやすく伝える

といった内容が考えられるかと思います。

ここでの重要なポイントは、各ページに対してテーマをしっかりと選定して、そのテーマに沿ったコンテンツを構築するためにページタイトルはもちろん、見出しなどに適宜キーワードを入れてユーザーや検索エンジンに対して何について書かれたページなのかを正しく伝えるために適切なタグを使用するといった基本的な内容となります。

特に、内部リンクはキーワードを繋げる関連コンテンツとして構築すると効果的で、この内容と検索ニーズに乖離が見られるとうまく順位も上がらないと思われますので、しっかりと順位チェックの推移を見て改善を行うようにしましょう。

キーワードを重要なタグに含める

まずは上位表示させたいページを構築するタグに重要なキーワードを自然になるように含めます。
これは、そのコンテンツが何について書かれたものなのかを正しく検索エンジンに伝えるためにも必要で、そういったタグには主に以下のようなものがあり、特に見出しは検索ユーザーにとっても見やすさといった利便性に考慮した見せ方・工夫が必要となってきます。

  • ページタイトル
  • 見出しタグ(hタグ)

この場合、上位表示させたいキーワードを詰め込むというような小手先な対策ではなく、それに伴ったコンテンツの内容が当然必要で、Googleの基本的な考え方を考慮してユーザーに役立つ記事を心がけることが大切です。

こうしてユーザーに対して役立つコンテンツに注力することによって、自然と重要なタグにもキーワードが含まれてくることかと思いますので、まずはコンテンツを豊富に(ピンポイントで深掘りした内容で)、より詳しく説明してあげることを念頭に置きましょう。

サイト内の重複に注意する

記事数が増えてくると、検索意図が重複してしまう場合があります。
この場合何が問題なのかというと?わかりやすく言うと…検索エンジンがキーワードに対して適切な答えとなるコンテンツの評価を分散してしまい、その結果どちらの記事も検索結果に表示されないということになってしまいます。

これを回避するには、思うように順位が付かない場合に「site:(ご自身のサイトドメイン)」で検索してみて、サイト内に重複したコンテンツがないかどうかチェックしてみると良いでしょう。

そして、そういったコンテンツは、ひとつにまとめることによって質の高いコンテンツにもなり得ますので、検索ユーザーが満足するような他にはない隅々までカバーした内容にして、競合との差別化を図ることが上位表示へ繋がります。(“noindex”や“canonical”などを利用してページを適宜統合・正規化しましょう。)

内部リンクを正しく構築する

次に、ご自身でも編集可能な“内部リンク”についてです。
この内部リンクは、どうしても重要なページ・順位を上げたいページに集めたくなりがちかと思いますが、正しい位置からの設置が理想的で、SEOだけを考慮した内部リンクの集中は効果的とは言えません。

というのも…先ほどもご説明した通り、Googleはユーザーの利便性を第一に考慮した上で相対的にコンテンツを評価してランキングして検索結果に表示しています。
そのため、ユーザーが少しでも疑問になりそうな箇所にヒントを添えるような形で、より詳しい内容を説明したコンテンツへの内部リンクを用意することが効果的と言えるでしょう。

このように内部対策は、基本的なものから項目によっては順位が大きく変わることも十分考えられる項目まで様々です。
そして当然、キーワードの詰め込みといった安易な対策では上位に表示されることはありませんので、ユーザー視点から見て有益なコンテンツとなることを重視した上でページを作りましょう。

外部対策について

次に、ご自身ではなかなかコントロールすることができない“外部対策”についてですが、今もなお“リンク”は検索順位に大きく影響する要素のひとつとしてGoogleも認めています。
そのため、サイトを強くし、検索順位を全体的に底上げするためにも必須とも言える要因のひとつとして重要視されています。

これは後ほどご説明するコンテンツの質にも大きく影響してくるわけですが、まずユーザーは他の人にも紹介したくなるような記事は積極的にシェアします。そして、そういったシェアはSNSだけでなくブログ記事などでも詳しく紹介されることによって被リンクの獲得へと繋がります。

このようにユーザーを惹きつける記事には“被リンク”が集まるため、役立つコンテンツにこだわることによって、良い循環が生まれることになります。

ここをうまく活用するためには、しっかりとしたキーワード選定とそれに対する的確なコンテンツが必要となり、サーチコンソールでの流入キーワードを参考に、ユーザーが求めるものと、コンテンツの内容が合致しているか?それとも充足するべきコンテンツがないか?改善を繰り返してみると良いでしょう。

ちなみに、被リンクがどれほど集まっているのか簡単にチェックするには、「“(サイト名)”(半角スペース)-site:(ドメイン)」で検索することによって、ご自身のサイトを除外した上でサイト名を検索することができます。(“”で括ると完全一致として検索できます。)

そういったサイトに対するユーザーの満足度や使いやすさといった利便性もまた、最近のSEOにも影響する項目ですので、せっかく訪問してきたユーザーを検索結果ページに戻さないつもりで質の高いコンテンツを作ることが重要となります。

コンテンツの質を見直す

続いて、最近のSEOに特に重要な“コンテンツの質”についてご説明します。
これは、検索ユーザーが何らかの解決したい物事に対する答えを的確に明示してあげることが重要となります。

それは、誰もが知っているような浅い知識ではなく、深掘りしたコンテンツが重要となり、しっかりとした調査が必要となります。そもそも簡単に調べて、他のどのページにも記載されているような内容では競合との差別化が図れないように、ユーザーはもっと詳しいわかりやすい内容を求めています。

そのため、上位表示させたいキーワードを際立たせる(より詳しく役に立つように)ために、関連するコンテンツも含めてわかりやすくページを作り込みます。

ここでの注意点としては、関連するコンテンツだと思い込んで長文コンテンツを作った場合、検索意図に正しく合っていない内容だと、思うように順位が上昇しないという点です。

それは、検索ユーザーが求めるものから内容が外れてしまい、検索エンジンがそのキーワードに相応しい答えとなるコンテンツではないと判断されてしまうからです。

そして、以下の要素をうまく活用してコンテンツをわかりやすくユーザーに伝えることも大切で、ページの利便性といった意味でも重要視しましょう。

  • 画像・イラスト
  • 表(テーブル)にまとめる
  • 場合によっては引用する

こういった傾向を「検索順位チェックツール」の順位推移を参考に改善を繰り返すことがSEO対策では重要となり、検索順位は上位表示するためのひとつの指標となるわけです。 ポイントとしては、一気に色々な施策を行うのではなく、ひとつずつ検証して効果を試してみると良いでしょう。

順位チェックがいかに重要なのかがおわかりいただけたかと思いますが、検索順位はただその推移を眺めていても上がりません。しっかりと対策をして結果を検証して次の対策に繋げてください。

まとめ

ということで、この記事では検索順位を上げるために検索順位チェックツールをどう利用するのか?といった対策キーワードに対する順位チェックの重要性などについてご説明してきましたが、当てもなくコンテンツを充足するよりも、こういった指標を元に上位化を目指すことが大切となります。

そのため、順位を上げるための施策は一気に色々とやるよりも、ひとつずつ検証してみて結果をノウハウとして蓄積していくと今後の参考にもなるはずです。
例えば、一部コンテンツを変えてみる、内部リンクを変えてみるといった変更でも何らかの変化は見られるはずなので、検索順位の推移とともに効果を検証してみると良いでしょう。

また、最近ではSSLに対応することがユーザーのためでもあり、ブラウザ上で警告表示がより強化されているため、「http://~」のままサイトを管理されている方は、早めに対応しておくと良いでしょう。(参考:「サイトをSSL化する方法について」)

そして、そのツールのひとつ「BULL(ブル)」でも、完全自動で休日も関係なく順位チェックを行うことが可能です。
ぜひ一度体験版に触れてみて順位チェックをお試しください。

まずは2週間無料体験- デモ登録 -